栄養を与えるには

髪に栄養を与えるためには、

  • 食事やサプリメントから摂って、内側から栄養を与える方法
  • トリートメントをすることによって、外側から与える方法

があります。

 

 

内側から栄養を与える方法

まず、食事の場合は、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • たんぱく質

が、髪に良い影響を与えます。

 

ビタミン

ビタミンを摂取するには、卵や緑黄色野菜、乳製品、玄米、
大豆を食べることをお勧めします。

 

ミネラル

そして、ミネラルは、レバー、いわし、昆布やワカメなどに多く含まれています。
このミネラルは、人の体内で生成することができない成分なので、
特に積極的に食べる必要があります。

 

たんぱく質

あとは、髪の主成分でもあるたんぱく質です。
これは、魚、大豆、乳製品、卵、などから摂取できます。
それから、髪にとって大切な成分として、亜鉛もあります。
これは、たんぱく質の合成を行う役割があるので、髪には必要な成分です。

 

しかし、残念ながら亜鉛は吸収が悪く、かなり意識的に摂取しないと、
必要な量が摂取できません。
ですから、サプリメントで補うのも、1つの方法です。

 

 

外側から栄養を与える方法

次に、トリートメントで髪に栄養を与える方法ですが、
トリートメントの効果を最大限に引き出すためには、いくつかのコツがあります。

 

しっかりすすぐ

トリートメントの効果を上げるためには、その前に行うシャンプーの方法も重要で、
泡が残らないように、しっかりすすぐことが大切です。

 

水分をとっておく

そして、トリートメントをする前に、タオルで軽く水気を拭き取ります。
こうすることで、トリートメントの成分が、水ではじかれるのを予防することができます。

 

トリートメントを浸透させる

あとは、トリートメントを塗布した後、シャワーキャップをかぶり、
5分から10分置いておきます。
そうすると、髪の毛が温まり、たんぱく質の結合がゆるむので、
トリートメントの浸透力が高まります。

 

 

このように、少し手間を加えるだけで、トリートメント効果を倍増させることが可能です。


 

 

圧倒的な人気を誇るヘアケアグッズ