美髪になるための基礎知識

  • 美髪になるための髪の毛のカット方法
  • 悩みを解消する方法
  • 髪に良い成分

 

など、どういったことが髪の毛に良いのか、悪いのかなど、
美髪の基礎知識を身につけることができます。

 

美髪になるための基礎知識記事一覧

 

髪の毛は、外側から毛表皮毛皮質毛髄質の3層によって構成されています。髪の構成毛表皮その中で、一番外側にある毛表皮は、キューティクルともいわれ、髪の毛のツヤに関わっています。ですから、キューティクルが傷つくと、ツヤがうばわれてしまうことになります。毛皮質そして、毛皮質であるコルテックスは、髪質を決定します。そのため、コルテックスの状態により、髪の強度や太さが変わってきます。また、このコルテックスのバ...

 
 

髪の悩みには、枝毛や切れ毛、白髪、髪のコシやハリがなくなる、くせ毛、フケや頭皮の悩みなど、さまざまなものがあります。これらの症状を起こさないためには、どういったことに気を配れば良いのでしょうか。そこで、ダメージヘアの原因と対策について、考えてみましょう。夏場の悩みまず、夏場は紫外線対策をすることが、非常に重要です。女性であれば、肌の日焼け対策は、ほとんどの人が気をつけていますが、髪の紫外線対策は、...

 
 

美髪になるためには、日頃のお手入れや紫外線対策、乾燥対策が非常に大切ですが、それと同じように、美容院でのカット技術も、髪の健康を大きく左右してしまいます。美容院では、さまざまな技法が採用されていますが、その人の髪質や悩みによって、それに応じたカットをすることが、理想です。例えば、柔らかく毛量が少ないネコッ毛の人であれば、パーマでふんわりさせる方法がありますが、その前に、カットの段階で、ボリュームが...

 
 

女性の印象は、髪型で大きく変わり、髪型によって、魅力的になったり、イメージアップすることが可能です。その反面、切り過ぎてしまったり、イメージと違う髪型になってしまうと、イメージダウンになってしまう恐れもあります。ですから、どういった髪型が似合うのか、自分を魅力的に見せてくれるのか、慎重に、検討をする必要があります。だからといって、必ずしも流行の髪型があなたにとってのモテ髪とは、限りません。そのため...

 
 

女性ホルモンには、女性らしい体つきにする働きがあり、美髪、美肌、美しいボディラインとも関わりがあります。そして、女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(ゲスターゲン)があり、エストロゲンには、髪の成長を促す働きがあります。そのため、女性ホルモンのバランスが整っていれば、体の調子だけでなく、髪や肌が美しくなり、反対に、女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、美しさだけでなく、...

 
 

せっかく毎日髪の毛のお手入れをするわけですから、どうせなら、髪の毛に良い成分が含まれているものを、使用したいですよね。そこで、ここでは、髪の毛にお勧めの成分をお伝えします。3つのオススメ成分ヒアルロン酸まず、1つめは、ヒアルロン酸です。化粧水など、肌のお手入れをするときにも、よく目にする成分ですが、ヒアルロン酸は、頭皮の保湿にも優れています。頭皮は、適度に潤っていないと、皮膚に弾力性がなくなったり...

 
 

女性なら、一度はサラサラのロングヘアに憧れたことはありませんか?しかし、ショートヘアから伸ばしていくと、時間もかかり、伸ばしている途中で髪の毛がまとまりにくくなったり、暑い季節になると、挫折しそうになりますよね。ちなみに、髪の毛の成長の早さは、1日で平均0.3〜0.4mm程度になります。ですから、1年かけても、14cmくらいにしかなりません。腰までのロングヘアとなれば、気の長い話になりますよね。ま...

 
 

細い髪の毛は、セットしても決まりにくく、また、ボリュームがなく、ペタンとした髪型は、美髪のイメージとは程遠いですよね。そこで、髪を太くする為の方法をお伝えします。3つのポイント栄養を十分に摂るまず、髪の毛が細くなってしまう原因の1つとして、体内に吸収されている栄養が、不足していることが考えられます。食事で摂取した栄養は、体内で均等に配分されるわけではなく、生命維持に重要な部分から、優先的に配分され...

 
 

髪の毛は、3層構造でできていますが、その一番外側の層で、毛表皮ともいわれているのが、キューティクルです。これは、魚のうろこのような形状になって、細胞が重なり合っています。そして、このキューティクルが密になっており、整っていると、髪の毛は健康な状態です。しかし、これがはがれてしまうと、水分を保つことができなくなり、ツヤと柔軟性を失います。また、一度壊れてしまったキューティクルは元に戻らないので、でき...

 
 

髪の毛にハリやコシがなくなると、スタイリングが決まりにくくなり、困ってしまいますよね。とくに、髪の毛がやせてくると、ヘアスタイルもボリュームがなくなり、ペタンとして寂しいイメージになってしまいます。このように、髪の毛にハリやコシがなくなってしまう主な原因として、加齢血行不良女性ホルモンの減少間違ったヘアケアなどが考えられます。こういった状況をそのまま放置しておくと、症状は悪化する一方です。髪にコシ...

 
 

寒くなり、乾燥した季節になると、静電気に悩まされることが多くなりますよね。そこで、あなたの大切な髪の毛を、静電気から守る具体的な方法を、お伝えしますね。まず、静電気が起こりやすい状況を避けるためには、乾燥を防ぐことが大切です。ですから、髪の毛のケアをする時は、トリートメントやリンスを、欠かさないようにしましょう。髪の毛の水分保湿率を13%異常保つことで、静電気から髪を守ることができます。そして、ブ...

 
 

髪の毛にダメージを与える原因の1つとして、紫外線があげられます。顔のUVケアに余念がない人でも、髪の毛の紫外線対策は、無頓着という人が、意外と多いのではないでしょうか。頭は、太陽に最も近く、紫外線を浴びている量は、顔の2倍以上にもなります。そして、日本人の髪の毛は、黒いことから、より吸収しやすく、乾燥しやすくなります。ですから、夏の暑い時期を中心に、髪の毛の紫外線対策を行いましょう。まず、外出する...

 
 

美髪になるためには、ダメージヘアになってしまう原因を取り除くことが大切です。そこで、いまから、どういったことをすると、ダメージヘアになってしまうかについて、お伝えします。ダメージヘア4つの原因美容院での施術まずは、美容院での施術がダメージヘアを引き起こします。綺麗になるために通っている美容院で、髪を傷めているなんてショックですよね。なかでも、パーマやカラーリング、ストレートパーマなど、化学薬品を使...

 
 

髪の毛が痛む原因については、「ダメージヘアの原因」のところでお話ししましたが、髪の痛みをケアするためには、水分補給が重要です。人間の体内は70%の水分でできており、肌の健康を保つためにも、水分補給が大切であることは、耳にしたことがあるでしょう。それと、同様、髪の毛に関しても、髪の痛みを抑えるためには、十分な水分が必要です。この水分が不足すると、初期症状は、髪の毛はパサつき、艶が失われます。そして、...

 
 

髪に栄養を与えるためには、食事やサプリメントから摂って、内側から栄養を与える方法トリートメントをすることによって、外側から与える方法があります。内側から栄養を与える方法まず、食事の場合は、ビタミンミネラルたんぱく質が、髪に良い影響を与えます。ビタミンビタミンを摂取するには、卵や緑黄色野菜、乳製品、玄米、大豆を食べることをお勧めします。ミネラルそして、ミネラルは、レバー、いわし、昆布やワカメなどに多...

 
 

ヘアカラーをすることで、イメージチェンジをすることもできますし、白髪が気になる人の悩みを、解消する役割もあります。そうはいっても、カラーをすることで髪にダメージを与えることは、避けられません。そこで、できるだけ髪を傷めないで、カラーを楽しめる方法について、お話します。ヘアカラーを行うときは、最初に髪の表面にあるキューティクルを開き、そこから染料を、髪の毛の内部に浸透させていきます。そして、髪の内部...

 
 

くせ毛で悩んでいる方は、たくさんいらっしゃいます。主な悩みとしては、髪の毛がまとまりにくいことや、寝ぐせが直りにくい、また、雨の日にはねやすかったり、パーマをかけてもイメージ通りにならないなど、ストレートヘアの人に比べ、苦労が多くなります。くせ毛の原因として、代表的なものは遺伝ですが、それ以外にも、ダメージが理由でくせ毛になることや、ストレス、毛穴のつまりなどでも、くせ毛を悪化させてしまいます。も...

 

圧倒的な人気を誇るヘアケアグッズ